冊子 ソパさえあれば/岡田カーヤ著

¥1,000(税込)

冊子 ソパさえあれば/岡田カーヤ著

ソパ(Sopa)はポルトガル語でスープの意味。
ポルトガルではお味噌汁のように誰もが食べている国民食です。
著者がポルトガルで暮らした日々の中で、決して豪華な食べ物ではないが、いつの間にか、大切な存在になっていたソパ
そのソパの思い出を振り返りながら、ソパの良さを語った、著者のソパ愛が溢れている熱い本です。

著者について

岡田 カーヤ
ライター、編集者、たまに音楽家。
旅と日常の間で、人の営み、土地に根ざした食や音楽の記事を執筆。 各国のワインとスープを飲み歩くのが好き。2002年の旅をきっかけにポルトガルにハマり、 2005年-2006年にはリスボン大学に留学。最近はポルトガルの食文化の豊かさに魅了され、 『ソパさえあれば』を上梓。

▶ギフトラッピングをご希望の方は、こちらから無料または有料ラッピング方法を選択して、カートに追加してください。
(ご指定がない場合、ギフトラッピングせず、ご自宅用の梱包にてお送りいたしますので、ご了承ください。)
※ギフトセットなど、セット内容に予めラッピング箱が含まている商品は選択不要です。

販売価格
¥1,000(税込)

数量

在庫 : 〇